WIG IN A BOX

 食・旅・映画・音楽 おもいっきり趣味ブログ☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

*帰国*

実はこれ行きの写真☆





帰国です。
いやぁ~  やっぱ旅行最高!! いつも思う (^^)
印象深かったのは、コンスエグラの風車かなぁ~ 
迷って迷ってたどり着いた場所だったからかなり思い出深い☆

あとはタブラオでみた本場のフラメンコ♪
フィゲラスの町も良かったし、サグラダ・ファミリアもでかかった!!

スペインは、今かなり治安が悪いって聞いてたけど全然平気でした。
ある程度の気を引き締めてれば、危険なとこなんてないです☆

まじ次どこいこ~・・・
久々にアメリカなんてのもありかな (^^)    ルート66とか★★ バグダッド・カフェって感じで♪

長らくのスペイン旅写真みてくれてありがとうございました~





海がすっごい!!!!キレーだった。






ばいばい。 スペイン♪






スポンサーサイト
  1. 2008/03/08(土) 13:17:25|
  2. スペインとか・・・|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

*バルでタパス祭り*

ホントに種類豊富だ。





最後の夕食は、街中のバルでこれでもかってぐらいのタパス祭りで〆ました♪♪

スペインは、魚介類、キノコ類、豆類がかなり美味しかった。   これは新発見☆
周りを見渡すと、み~んなカーニャ ( 生ビール ) 片手にタパスつまんでました。
朝まで喋り続けるんだよ。。  よくそんなに喋ることあるよなぁ~
日本人は無口だと思われるわけだよ・・・  
基本的に人に気を使うとかそういった概念があまりないんだねぇ~
言いたいことバシバシ言ってる感じ (^^)





魚介系がやっぱ多い。






うまい!!






中はこんな感じ。 ず~~っと喋ってるんだよ。。






  1. 2008/03/08(土) 13:00:23|
  2. スペインとか・・・|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

*Tablao Cordobés*

キレイな人





スペイン最後の夜は、バルセロナでもっとも有名なタブラオ、Cordobés☆☆

かなりエンターテイナーな感じで、キレイどころとイケメンをがっちり揃えてました ( 笑 )
大盛り上がり!!    踊り、ギター、すっごく良かったです。
お店の雰囲気も良くて、前から2列目から観れたのでかなりの迫力でした。

個人的な感想としてはマドリードで観たフラメンコのほうが好きだったかなぁ~
ここも華やかですごく良いんだけど、あっちは身体一つで踊ってます!!って感じで
ジプシー魂みたいのがあったから♪
まぁこっちはこっちで見栄えが良かったですけどね☆





すこーし雨が降ってた。






かなり有名なタブラオです☆






キリストみたいな人いた。






おれ!!






超ぉぉぉぉぉイケメンだった!!






や~らかいのぉ






フィニッシュ!!






たくましい足






  1. 2008/03/06(木) 23:46:38|
  2. スペインとか・・・|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

*ダリが愛した町・フィゲラス*

おもしろ標識☆





スペインのカタルーニャ地方・フィゲラスは
さまざまな伝説に彩られたシュルレアリスムの巨匠・ダリが生まれ育ち、そして生涯愛し続けた町です。

ダリ美術館以外は本当になぁ~んにもないところで、ゆったりした時間が過ごせる町でした。

生きてるうちにもう一回ぐらい行きたいかも (^^)





なぁ~んにもない町だよ☆ ゆったりしてる。






いろいろと美術館があるみたい。






もう2度と来ることもないんだろぉなぁ~






ごみ






ふぅ






こどもっち






ラブラブ






さすがダリの町☆






  1. 2008/03/06(木) 00:42:20|
  2. スペインとか・・・|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

*サルバドール・ダリ*

この絵画のタンクトップが売ってたので買っちゃいました。





言わずと知れたスペインを誇るシュールレアリスムの画家でございます☆

画学生時代に印象派やキュビスムの影響を受けていたダリは、シュールレアリスムに自分の進む道を見出します。

ダリの人生で最も重要な出来事は、1929年夏のガラとの出会い。
ダリがガラのために何が出来るかと訊ねると、ガラは 「 私を殺して 」 と言いました。。
ダリはトレドの大聖堂からガラを突き落とすことをイメージし
この秘められた欲望が2人を強く結びつけることになったと言われています。
ダリは、本当にガラが大好きだったんだと思う   ガラの画がいっぱいあってすごい思った。。

父親との確執に不安と恐怖を抱いていたダリにとって
蟻は死の象徴であり、松葉杖はエロスの象徴であり、卵は愛しい妻、ガラの象徴だった

1982年、ガラが死去すると 「 自分の人生の舵を失った 」 と激しく落胆し、1989年に亡くなる間際
出生地であるフィゲラスに、自分自身で計画したダリ劇場美術館の中、自分自身を埋葬しました。





ここがメインの広場かな☆






リンカーンのダマシ絵☆ ガラの後姿がみえますか?






いやぁ 圧巻。。






天井たかっっ!!!






これみた時はまじ感動した!! ポストカードみてるみたい!!






美術館の中は小細工がきいていて楽しい






これも有名な画。






でた~~!! フランスパン乗せたひと!!






ガラの有名な画。 意外と小さいね。






ダリがシエスタの時に使っていたベッド。






だりだり






なんじゃこりゃ????






いいねぇ~






このベーコンの置物、持ってます♪ ヒルズで買いました☆






  1. 2008/03/05(水) 23:54:00|
  2. スペインとか・・・|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。